メトロノーム活用法

クリック(電子メトロノーム)を使ってみんな練習していると思うんだけど(期待w)、その使い方を工夫すればさらに実践的な練習が可能!
通常はスピーカーから出たクリック音に合わせて練習するけど、時々はヘッドフォンでクリック音を聴きながらの練習もしたほうがいい。
これはレコーディングやライブでの本番をシュミレートするものです。
本番でクリックを使用する場合、もちろんヘッドフォンでクリックを聴くんだけど、空気を通って聞こえる音と、直接ヘッドフォンで聴こえる音ではタイミングの取り方が変わってくる。
また、イヤモニで全体を聴けるときはいいけど、個人でその環境を作るのは結構大変w
自分の音や周りの音も違って聴こえてくるので慣れておこう!
あと、リズム感をアップするトレーニングとして、クリックの裏拍のみを出して、表拍を自分で数える練習も効果的です。
例えば、テンポ60の四分音符を2拍・4拍目に聴きながら、テンポ120の8ビートをプレイする。
これができない人は、いつもクリックに乗っているだけで、実際には自分でビートを出せていない場合が多い。
究極は、クリックを使わずに正確なビートを刻むことが、当たり前ながら一番難しい!
故・佐久間正英さんは、テンポを決めたら一時間後でも何小節目かわかったらしい!凄すぎる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください