大人のドラマーはステキ?

これは書いていいのか悪いのかわからないが、当時僕の師匠の師匠は60歳になるかならないかぐらいのお歳だったのに25歳の彼女をお持ちでした。(めちゃめちゃ美人でした)
見た目は可愛らしいおじさんな感じで、お腹もぽっこりたぬきさんな感じです。(これバレたら破門やな…)
でも、ステージに立つとめちゃめちゃカッコいい!
それもそのはず、昔、スティーブ・ガッドが日本に急に来れなくなった時に代わりに叩いたことがあるらしい!
音もキレッキレで今まで聞いたことのあるドラマーの中でも別格でした。

師匠の師匠のような別格な人は抜きにしても、近年、「大人のドラマー」が確実に増えています。
僕の生徒さんの中にも60歳オーバーの方が数名います。
「ドラム歴は何年ですか?」と聞くと、「若い頃に1、2年です」と意外に短かったりする。
しかし、プレイを聞くと味のある、音楽的な、安定した演奏をしはるんです。
年齢を重ねると、身体のスピードは確かに落ちるかもしれないけど、精神世界が開けて、ステキなドラマーになれるんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください