自己紹介。

神戸で生まれ、神戸で育ち、海を見なければ力が出ない。そんな男です。

楽器をさわり始めたのが中学校二年生の時。フォークギターを弾く学校の先生に憧れ、アコースティックギターを持つ。

さだまさしや長渕剛を練習。

エレキに目覚め、エレキギター入門セット(5万円)を購入。

バンドを組むも、ベースがいなかったので、ベースに転向。

ドラムが抜け、ドラムがいないと始まらないのでドラムに転向。

ドラムだけは独学では難しかったので、高校二年生の時にヤマハPMSに習いに行く。

それまでは教師を目指し大教大を狙っていたが、音楽にどっぷりとはまってしまい、大阪スクールオブミュージック専門学校に入学。

学校を卒業後、プロミュージシャンの高岡憲治氏に弟子入り。

この時にヤマハPMSで代理講師を元町・芦屋・鈴蘭台で二年間ほど勤める。

その後、バンドをしたいと思い師匠の元を飛び出しバンドを結成。

いくつかのバンドを経験して、インディーズでのCDデビュー、全国ツアー、カミング神戸などのフェスへの出演、SPREADやチャットモンチーとの対バン、ワンマンライブなどを経て、現在は地下道を往く、A-OK ROCKに所属。

 

2015年、2016年と「夏の日の1993」でミリオンセラーを出した元classの「日浦孝則さん」、

2017年の夏、アーティストとしてプロデューサーとして、日本の音楽シーンを牽引されてきた「伊藤銀次さん」(ウルフルズのプロデューサーとして有名です)と、2016年のCD年間売上第2位に輝き、紅白歌合戦でも歌われたAKB48の「君はメロディー」の作曲者である「成瀬英樹さん」と一緒にLIVEいたしました!

「地下道を往く」では、

2018年3月21日には榊いずみさん(旧姓 橘いずみ)と成瀬英樹さんと共にイベント「Romantic Trio」を神戸三宮チキンジョージにて開催。

大成功を収める。

 

 

そして今に至る。

なんやかんやで最高のメンバーと楽しく音楽活動を続けていけていることに幸せを感じる今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください